ロゴ【ATS求人助手くん】クラウド採用管理

学生目線で考えた効果的な囲い込み施策とは?新卒採用で優秀な人材を確保するためには奨学金制度を設立してみよう

> > 奨学金で囲い込む

学生目線で考えた効果的な囲い込み施策とは?新卒採用で優秀な人材を確保するためには奨学金制度を使う

【この記事はこんな方に読んで欲しい】

 

新卒採用担当者

学生囲い込み戦略として、効果的な奨学金制度を導入したい方

従来の「学生囲い込み」ではなく、入社後に活躍できる人材育成に焦点を当てた奨学金制度を検討したい方

自社の理念や事業内容に合った、オリジナリティあふれる奨学金制度を設計したい方


 本記事では、企業が学生囲い込みのために独自に設立する奨学金制度について、その重要性、有効性、そして具体的な制度例をご紹介します。

 優秀な人材獲得に苦戦している企業にとって、新たな切り札となる可能性を秘めた奨学金制度。ぜひ最後までご一読ください。

企業が設立する奨学金制度とは?在学中に将来役立つスキルを磨く学生を支援

 在学中にスキルを身につけるための奨学金制度は、学生が専門的な知識や技術を習得することを支援するために設計されています。これらの制度は、特定の分野でのキャリアを目指す学生に対して、教育機会を提供し、将来の雇用可能性を高めることを目的としています。

 

 例えば、エンジニアリングやマーケティングの分野でキャリアを築きたい学生は、関連するコースやトレーニングプログラムに参加するための資金援助を受けることができます。これにより、学生は在学中に実践的な経験を積み、卒業後の就職活動に役立つスキルセットを構築することができます。

 

 企業がこのような奨学金を提供する理由は、将来の優秀な人材を確保し、自社の業界における競争力を維持するためです。学生にとっては、財政的な支援だけでなく、インターンシップやメンターシップの機会を通じて、業界のネットワークを構築し、実務経験を得ることができる大きなメリットがあります。

 

このような奨学金制度は、学生が学業と並行して専門的なスキルを磨くことを可能にし、学生自身のキャリア発展に大きく貢献するものです。

奨学金制度を作る重要性とは?

新卒採用における学生囲い込みの重要性

少子高齢化の影響により、優秀な学生の獲得競争は年々激化しています。

企業にとって、将来を担う人材を確保することは、事業の成長と存続にとって不可欠です。しかし、優秀な学生は複数の企業からオファーを受けるため、自社への就職を確約することは容易ではありません。

 

そこで、近年多くの企業が学生囲い込み戦略として、インターンシップや企業説明会などの採用活動に加え、奨学金制度を導入しています。

 ここで言う奨学金制度は通常イメージする奨学金とは少し異なります。企業独自の奨学金制度は理念やビジョンに共感する学生を早期に囲い込む効果があります。

 

具体的な効果としては、以下のようなものが挙げられます。

 

◆優秀な学生の獲得

奨学金制度を導入することで、優秀な学生の注目を集めることができ、自社への就職意欲を高めることができます。

◆企業イメージの向上

社会貢献活動の一環として奨学金制度を導入することで、企業の社会的な責任感や学生への支援に対する姿勢をアピールすることができます。

◆学生との長期的な関係構築

奨学金制度を通じて学生と接することで、長期的な関係を築き、入社後の定着率向上にも繋げることができます。

◆多様な人材の確保

従来の学業成績だけでなく、特定の資格や活動経験などを評価する奨学金制度を設けることで、多様な人材を確保することができます。

◆学生の学習意欲向上

奨学金を受給することで、経済的な不安を解消し、学習に集中できる環境を整えることができます。

◆学生のモチベーション向上

企業から支援を受けることで、学生のモチベーションを高め、目標達成への意欲を促進することができます。

◆学生のキャリア形成支援

奨学金制度を通じて、特定のスキルや資格取得を支援することで、学生のキャリア形成をサポートすることができます。

◆企業への愛着形成

奨学金制度を通じて学生と企業の接点を増やすことで、学生の企業への愛着形成を促進することができます。

 

このように、奨学金制度は学生にとっても企業にとっても、新卒採用における学生囲い込みと、優秀な人材の確保に役立つ有効な手段と言えます。

 

誰かに親切にされたら、ついお返しをしたくなってしまう経験はありませんか?

 これは、単なる「礼儀正しさ」や「恩義を感じる」というだけでなく、人間の心理的なメカニズムが働いているのです。今回ご紹介している「学生囲い込みのための奨学金制度」も、まさにこの心理メカニズムを巧みに活用した、企業にとって非常に効果的な戦略と言えます。

 

【奨学金制度:学生への親切と返報性の原理】

奨学金制度は、学生にとって大きな「親切」となります。

奨学金制度によって、学生は経済的な不安を解消し、スキル習得に集中できる環境を整えることができます。

そして、学生は企業からのこの「親切」に対して、「返報性の原理」によって、以下のような心理が働きます。

◆「企業に貢献したい」

奨学金制度によって支援を受けた学生は、企業に対して感謝の気持ちを持ち、「恩返ししたい」という気持ちが生まれます。その結果、企業に就職して貢献したいという気持ちが強くなります。

◆「企業への愛着が生まれる」

奨学金制度を通じて、学生と企業は長期的な関係を築くことができます。学生は、企業からの支援を肌で感じ「この企業で働きたい」という気持ちが強くなります。

◆「企業の良いイメージを持つ」

社会貢献活動の一環として奨学金制度を導入している企業は、学生から「社会的な責任感がある」という良いイメージを持たれます。その結果、就職活動における企業の評価が高くなります。

このように、奨学金制度は学生にとって「親切」であると同時に、企業にとっても**「学生囲い込み」**という効果をもたらすのです。

企業側が独自に作る奨学金制度の具体例14選

従来の学業成績だけでなく、特定の資格や活動経験などを評価する奨学金制度を設けることで、企業は将来役立つスキルを磨く意欲ある学生を囲い込み、多様な人材を確保することができます。

ここでは、企業が学生を囲い込むために設立する奨学金制度の具体的な例を、10種類に分けてご紹介します。

 

1 特定の資格取得支援奨学金

◆対象者◆

特定の資格取得を目指す学生

◆支援内容◆

資格取得のための費用の一部または全部を支援

◆メリット◆

学生は経済的な負担を軽減し、資格取得に集中できる

企業は、自社で必要とされる資格を持つ人材を育成できる

◆具体例◆

IT企業が、情報処理技術者試験やクラウド認定資格の取得を支援する奨学金制度

医療機器メーカーが、医療機器関連の専門資格の取得を支援する奨学金制度

 

2 海外留学支援奨学金

◆対象者◆

海外留学を希望する学生

◆支援内容◆

留学費用の一部または全部を支援

◆メリット◆

学生は国際的な経験を積み、語学力や異文化理解力を向上できる

企業は、グローバルに活躍できる人材を育成できる

◆具体例◆

製造業企業が、海外の大学でエンジニアリングを学ぶ学生を支援する奨学金制度

商社が、海外の現地企業でインターンシップに参加する学生を支援する奨学金制度

 

3 起業支援奨学金

◆対象者◆

起業を目指す学生

◆支援内容◆

起業のための資金やノウハウを提供

◆メリット◆

学生は起業に必要な資金や知識を習得し、夢を実現できる

企業は、ベンチャー企業の創出を促進し、新しい事業の創出につなげられる

◆具体例◆

IT企業が、学生起業家を支援するインキュベーションプログラムと連動した奨学金制度

食品メーカーが、地域の食材を使ったビジネスを立ち上げる学生を支援する奨学金制度

 

4 インターンシップ参加支援奨学金

◆対象者◆

企業のインターンシップに参加する学生

◆支援内容◆

インターンシップ参加に伴う交通費や宿泊費を支援

◆メリット◆

学生は実際の仕事経験を積み、キャリア形成に役立てられる

企業は、学生の能力や適性を評価し、将来の社員候補を見つけることができる

◆具体例◆

コンサルティング会社が、自社のコンサルティングプロジェクトに参加する学生を支援する奨学金制度

金融機関が、自社の営業店でインターンシップに参加する学生を支援する奨学金制度

 

5 研究活動支援奨学金

◆対象者◆

研究活動を行う学生

◆支援内容◆

研究活動に必要な経費を支援

◆メリット◆

学生は研究活動に集中し、研究成果を上げられる

企業は、自社の研究開発に貢献できる人材を育成できる

◆具体例◆

製薬会社が、医薬品開発に関する研究を行う学生を支援する奨学金制度

電機メーカーが、ロボット工学に関する研究を行う学生を支援する奨学金制度

 

6 地域貢献活動支援奨学金

◆対象者◆

地域貢献活動を行う学生

◆支援内容◆

地域貢献活動に必要な経費を支援

◆メリット◆

学生は地域社会に貢献し、社会貢献意識を高めることができる

企業は、地域社会との関係を構築し、企業イメージを向上させることができる

◆具体例◆

スーパーマーケットチェーンが、地域の高齢者向け食育プログラムを行う学生を支援する奨学金制度

環境問題に取り組むNPOが、環境保護活動を行う学生を支援する奨学金制度

 

7 アート・文化活動支援奨学金

将来有望な芸術家や文化人を育成することを目的とした奨学金制度です。

◆対象者◆

音楽、演劇、美術、舞踊、文学など、様々な分野の芸術・文化活動を行う学生

◆支援内容◆

活動に必要な経費(楽器購入費、発表会参加費、作品制作費など)

活動に関連する研修費用

海外留学費用

◆メリット◆

学生は経済的な負担を軽減し、芸術・文化活動に集中できる

企業は芸術・文化活動を支援することで、社会貢献を果たし、企業イメージを向上させる

◆具体例◆

音楽関連会社が、学生オーケストラの活動に必要な経費を支援する奨学金制度

演劇団体が、学生演劇祭に参加する学生を対象とした奨学金制度

美術館が、若手美術家育成プログラムに参加する学生を対象とした奨学金制度

 

8 スポーツ活動支援奨学金

◆対象者◆

スポーツ活動を行う学生

◆支援内容◆

スポーツ活動に必要な経費を支援

◆メリット◆

学生はスポーツ活動に集中し、競技力を向上させることができる

企業は、スポーツ活動を支援することで、企業イメージを向上させ、地域活性化に貢献できる

支援した学生がオリンピックなどの世界大会に出場したときの広告効果

◆具体例◆

スポーツ用品メーカーが、学生アスリートを支援する奨学金制度

プロスポーツチームが、地域の子供向けスポーツ教室を行う学生を支援する奨学金制度

 

9 語学学習支援奨学金

◆対象者◆

語学学習を行う学生

◆支援内容◆

語学学習のための費用の一部または全部を支援

◆メリット◆

学生は語学力を磨き、グローバル社会で活躍できる

企業は、グローバルに活躍できる人材を育成できる

◆具体例◆

外資系企業が、英語学習を希望する学生を支援する奨学金制度

旅行会社が、語学留学を希望する学生を支援する奨学金制度

 

10 多様性支援奨学金

◆対象者◆

性別、出身地、学歴、宗教、障がいなど、多様なバックグラウンドを持つ学生

◆支援内容◆

進学や就職活動に必要な費用を支援

◆メリット◆

学生は多様なバックグラウンドを持つ学生同士が交流し、視野を広げることができる

企業は、多様な人材を確保し、イノベーションを促進できる

◆具体例◆

金融機関が、地方出身の学生を対象とした奨学金制度

製造業企業が、障がいを持つ学生を対象とした職業訓練プログラム参加支援奨学金

外資系企業が、LGBTQ+学生を対象としたリーダーシップ研修プログラム参加支援奨学金

 

11 エンジニア奨学金

◆対象者◆

工学部や理工学部に通う学生

エンジニアリングに興味があり、将来エンジニアを目指す学生

プログラミングスキルや数学力に秀でている学生

◆支援内容◆

エンジニアリングに関する専門科目の学習費用

インターンシップ参加費用

海外留学費用

研究活動に必要な経費

◆メリット◆

学生は経済的な負担を軽減し、エンジニアリングの専門知識を習得できる

企業は将来活躍できるエンジニアを育成し、技術開発力を強化できる

◆具体例◆

自動車メーカーが、自動車エンジニアを目指す学生を対象とした奨学金制度

電機メーカーが、ロボット工学を学ぶ学生を対象とした海外留学支援奨学金

IT企業が、オープンソースソフトウェア開発プロジェクトに参加する学生を対象とした研究活動支援奨学金

 

12 プログラマー奨学金

◆対象者◆

プログラミングスキルを身につけたい学生

情報処理技術者試験やクラウド認定資格の取得を目指す学生

ソフトウェア開発やWebサイト制作に興味のある学生

◆支援内容◆

プログラミングスクール受講費用

資格取得のための学習費用

インターンシップ参加費用

起業支援プログラムへの参加費用

◆メリット◆

学生は経済的な負担を軽減し、プログラミングスキルを習得できる

企業は将来活躍できるプログラマーを育成し、デジタル化に対応できる人材を確保できる

◆具体例◆

IT企業が、プログラミングスキル習得支援奨学金

金融機関が、FinTech関連の開発を行う学生を対象としたインターンシップ参加支援奨学金

スタートアップ企業が、学生起業家を支援する奨学金

 

13 マーケッター奨学金

◆対象者◆

マーケティングに興味があり、将来マーケッターを目指す学生

マーケティング関連の資格取得を目指す学生

コミュニケーション能力や分析力に秀でている学生

◆支援内容◆

マーケティングに関する専門科目の学習費用

インターンシップ参加費用

海外留学費用

マーケティングコンペティションへの参加費用

◆メリット◆

学生は経済的な負担を軽減し、マーケティングに関する知識やスキルを習得できる

企業は将来活躍できるマーケッターを育成し、顧客ニーズを的確に把握し、効果的なマーケティング活動を実施できる

◆具体例◆

食品メーカーが、新商品開発プロジェクトに参加する学生を対象とした奨学金制度

コンサルティング会社が、マーケッターを目指す学生を対象としたインターンシップ参加支援奨学金

広告代理店が、学生マーケティングチームを結成する奨学金

 

14 MBA取得支援奨学金

経済的な理由でMBA取得を諦めざるを得ない学生を支援し、将来活躍できるビジネスリーダーを育成することを目的とした奨学金制度です。

◆対象者◆

MBA取得により将来ビジネスリーダーを目指す学生

◆支援内容◆

進学に必要な経費(学費、生活費など)

海外留学費用

インターンシップ参加費用

◆メリット◆

学生は経済的な負担を軽減し、MBA取得の夢を実現できる

企業は将来活躍できる人材を確保し、競争力を強化できる

◆具体例◆

金融機関が、将来投資銀行家を目指す学生を対象とした奨学金制度

コンサルティング会社が、女性MBA取得を目指す学生を対象とした奨学金制度

製造業企業が、海外MBA留学を目指す学生を対象とした奨学金制度

外資系企業が、起業を目指す学生を対象とした奨学金制度

学生への周知方法

企業が独自に設立する奨学金制度を効果的に運用するためには、対象となる学生に広く周知することが重要です。以下に、学生への周知方法の具体例をいくつか紹介します。

 

1 大学・高校への訪問

大学や高校に直接訪問し、学生や教職員に奨学金制度を紹介する方法は、比較的効果的な方法です。学生は実際に担当者と話すことで、奨学金制度についてより深く理解することができます。

◆大学・高校のキャリアセンターや就職課に連絡し、訪問の機会を設けてもらう。

◆学生向けの説明会や講演会を開催する。

◆個別相談会を開催し、学生一人ひとりの質問に丁寧に答える。

 

2 教育機関との連携

大学や高校、専門学校などの教育機関と連携し、奨学金制度を紹介してもらうのも効果的な方法です。教育機関は、学生に奨学金制度を案内する責任があります。

◆教育機関のホームページや掲示板に奨学金制度を紹介してもらう。

◆教育機関の学生向けイベントに協賛し、奨学金制度を紹介する。

◆教育機関の教職員向け研修会を開催し、奨学金制度について説明する。

 

3 インターネット広告

インターネット広告を活用することで、全国の学生に奨学金制度を周知することができます。

◆検索エンジン広告やディスプレイ広告を利用して、奨学金制度の情報を検索している学生にアプローチする。

◆SNS広告を利用して、ターゲットとなる学生に奨学金制度を認知してもらう。

◆動画広告を利用して、奨学金制度の魅力を訴求する。

 

4 ソーシャルメディア

ソーシャルメディアを活用することで、学生と双方向的なコミュニケーションを図りながら、奨学金制度を周知することができます。

◆奨学金制度の公式アカウントを運営し、最新情報やイベント情報を発信する。

◆学生向けブログや動画を制作し、奨学金制度について分かりやすく紹介する。

◆ハッシュタグキャンペーンを実施し、学生に奨学金制度について投稿してもらう。

 

5 イベント・セミナー

イベントやセミナーを開催することで、学生に奨学金制度について詳しく説明することができます。

◆奨学金制度説明会を開催する。

◆奨学金受給者による体験談を聞く会を開催する。

◆企業と学生が交流できるイベントを開催する。

 

6 学生向け広報誌

学生向け広報誌に奨学金制度を紹介してもらうのも効果的な方法です。

◆大学や高校の学生向け広報誌に広告掲載する。

◆奨学金制度に関する記事を執筆し、広報誌に掲載してもらう。

◆学生向け広報誌のイベントに協賛し、奨学金制度を紹介する。

 

7 奨学金制度紹介サイト

奨学金制度を紹介するウェブサイトを制作し、学生が簡単に情報を得られるようにするのも効果的な方法です。

◆奨学金制度の概要や条件を分かりやすく説明する。

◆過去の奨学金受給者のインタビューを掲載する。

◆よくある質問への回答を掲載する。

 

8 口コミ

奨学金制度の受給者からの口コミは、他の学生にとって非常に参考になります。

◆奨学金受給者に奨学金制度に関する感想を聞いて、ウェブサイトやパンフレットに掲載する。

◆奨学金受給者による座談会を開催する。

◆奨学金受給者によるブログや動画を制作する。

奨学金制度設計のための具体的なステップ

奨学金制度設計の具体的なステップ

企業が独自に奨学金制度を立ち上げるには、以下のステップを踏む必要があります。

 

1. 目的と目標を明確にする

まず、奨学金制度を立ち上げる目的と目標を明確にする必要があります。

◆目的◆

なぜ奨学金制度を立ち上げるのか(例:優秀な人材の確保、多様な人材の育成、地域貢献など)

◆目標◆

奨学金制度を通して何を達成したいのか(例:年間〇〇人の学生に奨学金を支給する、奨学金受給者の就職率を〇〇%向上させる、地域経済の活性化に貢献するなど)

 

2. ターゲットとなる学生を明確にする

次に、奨学金制度のターゲットとなる学生を明確にする必要があります。

◆学部・学科◆

どのような学部・学科の学生を支援したいのか

◆出身地◆

どのような出身地の学生を支援したいのか

◆学業成績◆どのような学業成績の学生を支援したいのか

◆課外活動◆どのような課外活動をしている学生を支援したいのか

 

3. 奨学金の金額と条件を決定する

奨学金の金額と条件は、ターゲットとなる学生のニーズに合わせて決定する必要があります。

◆金額◆

奨学金の金額は、学生の経済状況を考慮して設定する。

◆条件◆奨学金の条件は、明確かつ公平なものにする。

 

4. 資金調達方法を検討する

奨学金制度を運営するには、資金が必要です。

◆企業の内部資金◆

奨学金制度を運営するための資金を、企業の内部資金で賄う。

◆寄付金◆

企業や個人から寄付金を集める。

 

5. 制度設計を行う

奨学金制度の具体的な運用方法を設計する必要があります。

◆選考基準◆

奨学金受給者をどのように選考するのか

◆事務手続き◆

奨学金の申請・支給・返済などの事務手続き

◆情報公開◆

奨学金制度に関する情報をどのように公開するのか

 

6. 制度を運用・管理する

奨学金制度を円滑に運用・管理する必要があります。

◆事務手続き◆

奨学金の申請・支給・返済などの事務手続きを適切に行う。

◆情報管理◆

奨学金受給者の個人情報を厳重に管理する。

 

7. 定期的に評価・改善を行う

奨学金制度の効果を定期的に評価し、必要に応じて改善を行う必要があります。

◆利用状況◆

奨学金制度の利用状況を分析する。

◆満足度◆

奨学金受給者の満足度を調査する。

◆効果検証◆

奨学金制度の効果を検証するための指標を設定する。

◆改善◆

検証結果に基づいて、奨学金制度を改善する。

他社がやっていない奨学金制度の告知方法とは?

飽和状態のオンライン広告から飛び出す、アナログ紙ナプキン広告の存在感

弊社だけが提供する日本初の新卒求人広告媒体

オンライン全盛の今だからこそ、紙ナプキン広告で差をつける!

近年、オンラインを活用した求人広告や求人情報発信SNSが隆盛を極めています。しかし、だからこそ、アナログな「紙ナプキン広告」が注目を集めているのです。

 

1. 飽和状態のオンライン広告から飛び出す、紙ナプキン広告の存在感

オンライン広告は、企業にとっても学生にとっても情報過多になりがちです。日々膨大な情報量にさらされる中で、あなたの企業の求人情報が埋もれてしまう可能性は高くなります。

一方、アナログである紙ナプキン広告は、学生の生活空間に自然に溶け込む形で情報を届けることができます。食事中のひととき、ふと目に入った紙ナプキンに企業の求人情報が掲載されていれば、学生の興味を引く可能性は格段に向上します。

 

2. オンラインでは得られないアナログが「リアルな繋がり」を生み出す

 紙ナプキン広告には、QRコードやURLを掲載し、企業のホームページやSNSに誘導することができます。オンラインと連動させることで、より深い情報提供が可能となるだけでなく、学生との「リアルな繋がり」を生み出すきっかけにもなります。

新卒採用限定紙ナプキン求人広告とは?

新卒採用限定紙ナプキン求人広告とは?

学生がよく利用する大学周辺の飲食店に、企業の求人情報を印刷した紙ナプキンを設置します。

 

◆紙ナプキン求人広告の5つメリット

・学生の目に留まりやすい

・学生の興味を引く

・企業理念やビジョンを直接伝えられる

・従来ではリーチできなかった層にアプローチできる

・学生目線のリサーチ

 

◆紙ナプキン求人広告が選ばれる理由

・他社では真似できない日本初の新卒求人広告媒体

・学生の生活に溶け込む自然な広告方法

・従来の求人広告よりも目立ちやすく、興味を引くことができる

・企業理念やビジョンを効果的にアピールできる

・潜在的な優秀な人材を発掘できる

・実際に現役の学生が求人広告の内容をアドバイス

 

◆印刷内容例

・経営陣との食事会のお知らせ

・インターン募集のお知らせ

・学生主導のプロジェクトメンバー募集のお知らせ

・企業運営のプログラマー奨学金のお知らせ

・〇〇企画のアイデア募集のお知らせ

上記以外にもご自由に企画いただけます。

まとめ:今後の展望

近年、奨学金制度はますます重要性を増しています。

今後、企業による奨学金制度の導入はさらに進むと予想されます。

 

また、AIやビッグデータなどの技術を活用した、より効果的な奨学金制度の開発も進みつつあります。

奨学金制度は、学生の経済的な負担を軽減し、将来活躍できる人材を育成 する効果的な手段です。

 

企業は、自社の理念やビジョンに合わせて、効果的な奨学金制度を設計・運用することで、優秀な人材を確保し、競争力を強化することができます。



この記事を書いた人【松村裕樹】

|  HOME  |  ATS機能説明  |  ご利用料金  |

|  コラム  |  会社概要  |  説明会予約  |

|  よくある質問  |  選ばれる理由  |  導入の流れ  |


クラウド採用管理DX【ATS求人助手くん】公式LINEアカウント

求人原稿を無料で添削

【その他おすすめ記事】

この記事を読んだ方は下記もよく読まれています
リファラル採用を自社で導入するための具体的なステップ【経費削減の秘訣】

リファラル採用を自社で導入するための具体的なステップ【経費削減の秘訣】

この記事では、リファラル採用の導入と運用について詳しく解説します。具体的なステップと成功事例を通じて、リファラル採用の導入を成功させるためのポイントを把握することができます。 

記事を読む

適材適所の人材配置が採用や定着において超重要な理由!AIで簡単にできる?

適材適所の人材配置が採用や定着において超重要な理由!AIで簡単にできる?

適材適所の人材配置とは、社員の得意なことややりたいことに合わせて、ぴったりな仕事や役割に割り当てることです。これをすると、社員はやる気が出て、会社にも愛着がわきます。 

記事を読む

採用コスト削減の成功事例集!人材確保と両立できる!

採用コスト削減の成功事例集!人材確保と両立できる!

この記事では、「採用コスト削減」というキーワードを軸に、その重要性と具体的な課題を解説し、コストを削減するための実践的な方法を提案します。 

記事を読む

新卒採用で差をつけよう!学生の心を掴むアイデアとユニークな取り組み20選

新卒採用で差をつけよう!学生の心を掴むアイデアとユニークな取り組み20選

学生の心を掴むユニークな新卒採用活動が注目されています。ユニークな取り組みとは、企業の個性やカルチャーを表現し、学生に「この企業で働きたい!」と思わせるようなものです。 

記事を読む

アクティブシニアの雇用が若手人材の定着に与える影響。世代間コラボレーションの効果は絶大

アクティブシニアの雇用が若手人材の定着に与える影響。世代間コラボレーションの効果は絶大

世代間コラボレーションは、経験や知識の共有を通じて、相互の成長と組織全体のプラスの相乗効果を生み出します。 

記事を読む


【採用管理ATS求人助手くん】

ATS採用管理TOPページへ
求人助手くんで利用できる機能

お電話でもお気軽にお問合せください

株式会社バロックワークス

TEL 075-257-7746