ロゴ【ATS求人助手くん】クラウド採用管理

通年採用のメリット!企業の採用担当者が知らないと損する、人材不足解消の新常識

> > 通年採用メリット

通年採用のメリット!企業の採用担当者が知らないと損する、人材不足解消の新常識

【この記事はこんな方に読んで欲しい】

 

◆採用担当者で、人材不足に悩んでいる方◆

通年採用のメリットを理解し、それを活用することで人材不足を解消するための具体的な方法を学びたい方には、この記事が役立つでしょう。

◆採用戦略を見直したい企業の経営者◆

通年採用と一括採用の違い、通年採用のメリットとデメリット、成功のためのポイントなど、通年採用に関する情報を提供しています。これらの情報は、採用戦略を見直す際の参考になるでしょう。

◆通年採用に興味があるが、具体的な方法がわからない方◆

通年採用を成功させるための具体的なステップを理解するのに役立つ情報を提供しています。

◆通年採用に関する支援を求めている方◆

弊社のサービスを紹介しています。通年採用に関する支援を提供していることをアピールしています。


はじめに*人材不足問題と通年採用の関連性

 

 近年、日本企業は深刻な人材不足問題に直面しています。経済成長やグローバル化の影響で、優秀な人材への需要がますます高まっている一方、少子高齢化の影響で労働人口は減少傾向にあります。

 

従来の一括採用では、限られた時期にしか採用活動を行うことができず、希望する人材を獲得するのが難しい状況です。そこで、人材不足問題を解決する新たな採用方法として注目されているのが「通年採用」です。

通年採用とは?

通年採用がなぜおすすめか?

 

 通年採用とは、企業が年間を通して求人・採用活動を行い、必要なタイミングで人材を採用する方式です。従来の一括採用とは異なり、特定の時期に採用活動を集中させるのではなく、常に人材募集を受け付けている状態となります。

 

通年採用と一括採用の違い

 通年採用とは、企業が年間を通じて採用活動を行うことを指す言葉です。これは、企業が必要とするタイミングで、必要な人材を確保することを可能にします。通年採用は、企業が人材市場の変化に柔軟に対応することを可能にします。市場の状況や企業のニーズは常に変化しています。通年採用を行うことで、企業はその変化に即座に対応し、必要な人材を確保することができます。

 

 一方、一括採用とは、企業が一定の期間(例えば新卒採用のような)に集中して採用を行うことを指します。一括採用では、採用活動を行う期間が限られているため、その期間に適切な人材を見つけられなかった場合、次の採用活動まで待つ必要があります。しかし、通年採用ではそのような制約がなく、企業が必要とするタイミングで採用活動を行うことができます。

 

項目 通年採用 一括採用
採用時期 年間を通して 毎年決まった時期 
採用頻度 必要に応じて 年に1回
採用対象

特定の職種だけでなく

幅広い職種

新卒学生が中心
選考プロセス 柔軟 一定
採用コスト 比較的高  比較的低

通年採用のメリット

通年採用のメリット

通年採用には、企業側と学生側双方に多くのメリットがあります。

 

企業側のメリット

【優秀な人材を獲得しやすくなる】

従来の一括採用では、希望する人材を獲得できない可能性があります。通年採用であれば、年間を通して求人を行い、常に優秀な人材を探し続けることができます。

【人材不足による事業への影響を抑えられる】

人材不足は、事業の成長や停滞に直結する問題です。通年採用であれば、必要なタイミングで人材を補充することで、人材不足による事業への影響を抑えることができます。

【企業のブランドイメージ向上】

通年採用は、柔軟な働き方を可能にする企業文化として評価され、企業のブランドイメージ向上に繋がる可能性があります。

 

 

学生側のメリット

【自分に合った企業を見つけやすくなる】

学生は、自分の希望するタイミングで就職活動を行うことができます。

【早期からキャリアプランを立てられる】

通年採用であれば、早期から就職活動を始めることができ、自分のキャリアプランをしっかりと立てることができます。

【複数の企業を比較検討できる】

一括採用と比べて、複数の企業をじっくりと比較検討することができます。

【希望する職種に就きやすくなる】

一括採用では、希望する職種に就けない可能性があります。通年採用であれば、希望する職種に就ける可能性が高くなります。

通年採用のデメリットとその対策

通年採用のデメリットとその対策

通年採用には、いくつかのデメリットもあります。

 

企業側のデメリットと対策

【採用コスト増加】

年間を通して求人を行うため、採用コストが増加する可能性があります。対策としては、オンライン面接などの採用ツールを活用することで、コストを削減することができます。

【選考基準の統一】

年間を通して採用活動を行うため、選考基準を統一することが重要になります。対策としては、明確な選考基準を定め、面接官のトレーニングを行うことが重要です。

【採用担当者の負担増加】

年間を通して求人を行うため、採用担当者の負担が増加する可能性があります。対策としては、採用担当者の数を増員したり、採用業務をアウトソーシングしたりすることがあります。

 

学生側のデメリットと対策

【情報収集の負担増加】

年間を通して求人活動を行うため、学生は多くの情報収集を行う必要があります。対策としては、就職情報サイトや大学のキャリアセンターなどを活用することで、効率的に情報収集することができます。

【モチベーション維持】

長期間の就職活動は、学生にとってモチベーションを維持するのが難しい場合があります。対策としては、定期的に目標を設定したり、友人や家族と相談したりすることで、モチベーションを維持することができます。

通年採用成功のポイント

通年採用成功のポイント

通年採用を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。

 

【明確な採用戦略を策定】

通年採用を成功させるためには、以下の要素を踏まえた明確な採用戦略を策定することが重要です。

 

◆1. 企業理念・ビジョン・事業計画との整合性

通年採用を通じて、どのような人材を獲得し、どのような組織を築きたいのかを明確にする必要があります。

企業理念・ビジョン・事業計画と整合性のない採用戦略は、企業の成長を阻害する可能性があります。

*例*

企業理念: お客様の生活を豊かにする

ビジョン: 世界を変える革新的なサービスを提供する

事業計画: 3年以内に新規事業を立ち上げ、売上を2倍にする

通年採用戦略: 自ら考え行動し、新しい価値を生み出す人材を獲得する

 

◆2. 採用ターゲットの明確化

通年採用では、幅広い職種や経験を持つ人材を募集します。

それぞれの職種や経験レベルに必要なスキルや経験を明確にする必要があります。

*例*

職種: エンジニア

経験レベル: 新卒、中途

必要なスキル: プログラミングスキル、問題解決能力、コミュニケーション能力

経験: 〇〇の開発経験

 

◆3. 具体的な採用目標の設定

年間でどの職種で何人採用するのか、具体的な目標を設定する必要があります。

目標達成に向けた具体的な計画を立てることも重要です。

*例*

年間採用目標: エンジニア 100名

▼職種別目標

新卒 50名

中途 50名

採用時期: 随時

 

◆4. 効率的な選考プロセスの構築

通年採用では、年間を通して多くの応募者を受け付けるため、効率的な選考プロセスを構築する必要があります。

書類選考、面接、適性検査などをどのように実施するかを事前に検討する必要があります。

*例*

▼書類選考: 履歴書、職務経歴書、自己PRシートに基づいて選考

▼面接: 1次面接、2次面接、最終面接を実施

▼適性検査: 論理的思考力、性格検査を実施

 

◆5. 採用担当者の育成

通年採用を成功させるためには、採用担当者のスキルアップが重要です。

採用担当者向けに、通年採用に関する研修を実施する必要があります。

*例*研修内容

▼通年採用のメリット・デメリット

▼採用ターゲットの明確化

▼面接

 


【積極的な情報発信】

 

通年採用を成功させるためには、採用活動を行っていることを広く知ってもらうための積極的な情報発信が重要です。

 

1◆情報発信の手段◆

・企業ホームページ / 通年採用に関するページを設け、採用情報を掲載。

・SNS / Facebook、Twitter、LinkedInなどを活用して採用情報を発信。

・就職情報サイト / マイナビ、リクナビなどに掲載。

・大学のキャリアセンター / 大学のキャリアセンターに採用情報を掲載。

・イベント / 採用説明会、インターンシップなどを開催。

 

2◆情報発信の内容◆

・通年採用を実施していること / 通年採用を実施していることを明確に伝える。

・採用職種 / どのような職種で採用を行っているのかを具体的に伝える。

・求める人物像 / どのような人材を求めているのかを明確に伝える。

・通年採用のメリット / 通年採用のメリットをアピールする。

・企業の魅力 / 企業の魅力を伝える。

*例*

▼企業ホームページ / 通年採用特設ページを設置

採用職種、求める人物像、通年採用のメリットなどを掲載

動画メッセージや社員インタビューなどを掲載

▼SNS

採用情報や社員の日常などを投稿

ハッシュタグを活用して情報発信

フォロワーとの交流を図る

▼就職情報サイト:

企業情報、採用情報、社員インタビューなどを掲載

学生からの質問に回答

▼大学のキャリアセンター:

採用説明会を開催

学生と個別相談を行う

▼イベント:

採用説明会、インターンシップを開催

企業理念や事業内容を紹介

学生と交流する場を設ける

▼その他

プレスリリース配信

広告掲載

 

3◆情報発信のポイント◆

・ターゲットとなる学生層に合わせて適切な情報発信を行う。

・最新の情報発信を常に意識する。

・双方向的なコミュニケーションを図る。

*例*

・ターゲットとなる学生層: エンジニア志望の学生

・適切な情報発信: 技術ブログ、エンジニア向けイベントへの参加

・最新の情報発信: 新規事業立ち上げに関する情報発信

・双方向的なコミュニケーション: SNSでの質問回答

 


【効率的な選考プロセス】

年間を通して採用活動を行うため、効率的な選考プロセスを構築する必要があります。

以下では、効率的な選考プロセスの構築におけるポイントと具体的な例を説明します。

 

1◆選考基準の明確化◆

採用ターゲットや求める人物像に基づき、具体的な選考基準を明確化します。

選考基準は、職種や経験レベルによって異なる場合があります。

*例*

▼職種→ エンジニア

▼選考基準→ 

 プログラミングスキル

 問題解決能力

 コミュニケーション能力

 チームワーク

 向上心

 

2◆書類選考の効率化◆

応募書類の内容を項目化し、客観的な評価基準を設けます。

オンライン選考ツールを活用することで、書類選考の効率化を図ります。

*例*

▼応募書類

 履歴書、職務経歴書、自己PRシート、ポートフォリオ

▼評価基準

 学歴、職歴、スキル、資格

 自己PRの内容、ポートフォリオの内容

▼オンライン選考ツール

 SPIテスト、Webテスト

 

3◆面接の効率化◆

面接の種類や時間を絞り、効率的な面接スケジュールを組みます。

面接官は共通の評価基準に基づいて評価を行い、面接結果を共有します。

*例*

▼面接の種類: 1次面接、2次面接、最終面接

▼面接時間: 1回30分

▼評価基準

コミュニケーション能力

論理的思考力

問題解決能力

積極性

企業への理解度

 

4◆適性検査の活用◆

職種や経験レベルに合った適性検査を活用することで、客観的な評価を行います。

*例*

職種→ 営業

適性検査: 性格検査、論理的思考力検査

 

5◆選考結果の迅速なフィードバック◆

応募者には、選考結果をできる限り迅速にフィードバックします。

*例*

選考結果通知→メール、電話

 

6◆選考プロセスの見直し◆

定期的に選考プロセスを見直し、改善点があれば修正します。

*例*

応募者アンケートを実施

採用担当者向けの研修を実施

 


【採用担当者の育成】

通年採用を成功させるためには、採用担当者のスキルアップが重要です。

ここでは、採用担当者向けの育成方法について、具体的な例を挙げて説明します。

 

1◆通年採用に関する研修の実施◆

通年採用のメリット・デメリット

採用ターゲットの明確化

面接のテクニック

選考基準の設定

採用活動の効率化

法令遵守

*例*

▼研修内容

 通年採用の導入事例

 採用ターゲットとなる学生層の分析

 模擬面接

 ケーススタディ

▼研修講師:

 経験豊富なコンサルタント

 企業の採用担当者

▼研修期間:

 1日~3日

 

2◆OJTの実施◆

経験豊富な採用担当者が、新人担当者を指導します。

*例*

▼指導内容

 書類選考

 面接

 選考結果のフィードバック

▼指導方法

 個別指導

 チーム指導

▼指導期間

 数ヶ月~1年

 

3◆採用担当者同士の情報共有◆

採用担当者同士で情報交換や意見交換を行う場を設けます。

*例*

▼情報共有の場

 定期的なミーティング

 勉強会

 オンラインコミュニティ

▼共有する情報

 採用活動の進捗状況

 応募者の傾向

 採用活動の課題

 

4◆外部研修への参加◆

通年採用に関する外部研修に参加することで、最新の知識やスキルを習得することができます。

*例*

▼研修テーマ

通年採用における採用戦略

採用ブランディング

データ分析による採用活動の効率化

▼研修主催者

コンサルティング会社

人材紹介会社

業界団体

 

5◆最新情報の収集◆

通年採用に関する最新情報を常に収集し、知識をアップデートする。

*例*

▼情報収集方法

 業界誌、Webサイト、ブログなどの記事を読む

 採用関連のイベントに参加する

 他の企業の採用担当者と交流する

 

6◆スキルアップへの意識付け◆

採用担当者自身が常にスキルアップしていく意識を持つことが重要です。

*例*

▼スキルアップ方法

 自身の課題を分析

 目標を設定

 積極的に学ぶ

 


【学生へのサポート】

学生が就職活動をスムーズに進められるように、企業はサポートを提供する必要があります。

 

1◆インターンシップの開催◆

企業の仕事内容や社風を実際に体験できる機会を提供します。

*例*

▼インターンシップ内容

 実際の業務体験

 社員との交流

 企業説明会

▼インターンシップ期間

 1日~数日

 

2◆オンラインツールの活用◆

オンライン面接・相談

オンライン説明会

オンライン選考

*例*

▼オンラインツールの種類:

 Zoom

 Google Meet

 Webテストツール

▼オンラインツールの活用方法

 遠隔地の学生にも参加機会を提供

 時間や場所の制約をなくす

通年採用導入事例

通年採用は、国内外の多くの企業で導入されています。以下は、代表的な導入事例です。

 

国内企業

◆株式会社リクルート

2001年から通年採用を導入。新卒採用だけでなく、中途採用も通年で実施。

株式会社メルカリ

2015年から通年採用を導入。職種や経験を問わず、優秀な人材を募集。

株式会社ファーストリテイリング

2019年から通年採用を導入。グローバル展開に対応するため、世界中から人材を募集。

 

海外企業

Google

世界中のオフィスで通年採用を実施。

Amazon

年間を通して様々な職種で求人を募集。

Microsoft

新卒採用だけでなく、中途採用も通年で実施。

長期間の募集により優秀な人材獲得の確率が向上

 

単純な話ですが、一時的な募集よりも長期間募集を続けることにより、多くの求職者に求人情報が見られる機会が増えます。当然、優秀な人材を獲得できる確率は高くなります。その理由は以下の通りです。

 

1◆潜在的な求職者へのアプローチ◆

多くの求職者は、積極的に転職活動をしておらず、潜在的な求職者として存在します。一時的な募集では、これらの求職者へアプローチすることは難しいですが、長期間募集を続けることによって、彼らの目に留まり、応募を促すことができます。

 

2◆幅広い人材. プール形成◆

長期間募集を続けることによって、様々なタイミングで転職活動を始める人材を獲得することができます。結果として、幅広いスキルや経験を持つ人材プールを形成することが可能になります。

 

3◆企業への理解促進◆

長期間募集を続けることによって、企業の認知度や求人情報の露出度が向上します。求職者は、企業情報や求人内容をじっくりと検討することができ、企業への理解を深めることができます。結果として、より高い志望度を持つ人材の応募を促すことができます。

 

4◆優秀人材の流入促進◆

優秀な人材は、常に複数の選択肢を検討しています。長期間募集を続けることによって、常に求人情報を公開しておくことができ、優秀な人材が流入する可能性を高めることができます。

 

5◆採用コストの削減◆

一時的な募集では、採用活動に多くの時間と費用を投入する必要があります。一方、長期間募集を続けることによって、採用活動を効率化することができ、採用コストを削減することができます。

 

6◆採用ブランドの向上◆

長期間募集を続けることによって、企業が人材獲得に積極的な姿勢であることを示すことができます。これは、企業の採用ブランド向上に繋がり、より多くの優秀な人材を引き付けることができます。

 

7◆採用活動の安定化◆

長期間募集を続けることによって、採用活動を安定化させることができます。これは、人材不足による事業への影響を最小限に抑えることに役立ちます。


とはいえ

 

有料求人サイトを使うと掲載期間に応じて料金が発生するため、採用コストが上がってしまう

 

常に採用活動中のため、採用担当者の負担も増えてしまう

コスト削減、担当者の負担軽減!通年採用の課題を解決する方法がある

コスト削減、担当者の負担軽減、新卒採用強化!通年採用の全ての課題を解決する方法がある

通年採用の課題を解決する弊社サービス

 

弊社は、通年採用の課題を解決する画期的なサービスを提供します。

弊社提供の採用管理ツール「ATS求人助手くん」を使ってみてください

 

1◆採用コスト削減◆

5つの無料求人サイトに一括同時掲載

有料求人サイトの掲載料金を大幅に削減

 

2◆採用担当者の負担軽減◆

5つの求人サイトからの応募者を一元管理、選考スケジュールの自動化など、採用管理を効率化

 

3◆採用基準の明確化◆

テストや診断により採用基準の明確化を支援します

【学力テスト】

応募者の基礎的な学力や論理的思考力を測ることができます。

【メンタル診断】

求職者が自社に必要な人材か、自社の組織にマッチする人材かを、性格や志向性、思考力、価値観などの複数の観点から診断することができます。

【職務適応診断】

求職者の性格や志向性、思考力、価値観などの複数の観点から、適切な業務を診断することができます。

その人にあった業務を客観的に判断することで、最適な人員配置を実現し、会社全体の生産性を高めることができます。

【組織診断相性チェック】

従業員の性格や行動を8つのタイプに分類し、それぞれのタイプに合った接し方をすることができます。

 また、従業員同士の相性度も測ることができるため、相性の良い組織づくりにも役立ちます。

その他、通年採用に役立つ弊社の採用支援

◆新卒採用について◆

弊社サービス紙ナプキン求人広告をご案内します

現役京大生へアンケートをとって、彼らがよく行く飲食店をピックアップ。

京都大学周辺の飲食店を厳選の上、提携しています。

飲食店に求人広告を印刷した紙ナプキンを設置してもらえます。

これにより新卒インターンの通年募集が可能。

 

◆採用代行について◆

応募対応、書類選考、1次面接まで実施、提携のキャリアコンサルタントが対応します。

求人広告の掲載・運用は含まれていません

まとめ

 

 通年採用は、企業が人材市場の変化に柔軟に対応することを可能にします。市場の状況や企業のニーズは常に変化しています。通年採用を行うことで、企業はその変化に即座に対応し、必要な人材を確保することができます。

このように、通年採用は企業の人材不足解消に対する有効な解答の一つと言えるでしょう。

 

弊社は、通年採用導入を検討している企業に対して、様々な支援サービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。



この記事を書いた人【松村裕樹】

|  HOME  |  ATS機能説明  |  ご利用料金  |

|  コラム  |  会社概要  |  説明会予約  |

|  よくある質問  |  選ばれる理由  |  導入の流れ  |


クラウド採用管理DX【ATS求人助手くん】公式LINEアカウント

求人原稿を無料で添削

【その他おすすめ記事】

この記事を読んだ方は下記もよく読まれています
新卒採用における「まとめ役学生」を活用しての母集団形成:企業説明会でよくある手法に潜む大きなリスク

新卒採用における「まとめ役学生」を活用しての母団形成:企業説明会でよくある手法に潜む大きなリスク

まとめ役学生へ報酬を支払い参加者の集客を依頼する。新卒採用市場ではこの手法をよく見かけます。企業の採用担当者へ課せられたノルマを達成するためだけに使われます。

記事を読む

求人広告にプロのカメラマンを起用!応募者が2倍!不人気職種のイメージを劇的に変えた事例とは?

求人広告にプロのカメラマンを起用!応募者が2倍!不人気職種のイメージを劇的に変えた事例とは?

求人広告にプロのカメラマンを起用すると?写真で実際に働く従業員の方の魅力を効果的に伝えられ、応募者数を増加させるだけでなく、企業イメージの向上や従業員のモチベーションアップにもつながります。

記事を読む

【採用動画の教科書】これであなたも採用動画マスター!ターゲット層を魅了する応募数を増やす秘訣とは?

【採用動画の教科書】これであなたも採用動画マスター!

採用動画は、企業が潜在的な応募者に対して自社の魅力や働く環境、文化を伝えるための映像コンテンツです。この手法は、特に人材を求める企業にとって、応募者の関心を引き、適切な人材を引き寄せるための強力なツールとなります。

記事を読む

有名企業・大企業限定!90%以上の確率で採用コスト・経費を削減できる方法とは?

有名企業!90%以上の確率で採用コストを削減できる方法とは?

有名大企業が自社採用サイトからの応募を増やすことで、人材紹介や採用エージェント、有料求人媒体に依存することなく、採用コストを削減させる方法を説明いたします。

記事を読む


【採用管理ATS求人助手くん】

ATS採用管理TOPページへ
求人助手くんで利用できる機能

お電話でもお気軽にお問合せください

株式会社バロックワークス

TEL 075-257-7746