ロゴ【ATS求人助手くん】クラウド採用管理

ジョブ型雇用導入で成功する!メリット・デメリットや課題を徹底解説!人事部が知っておくべきポイントとは?

> > ジョブ型雇用導入

ジョブ型雇用導入で成功する!メリット・デメリットと課題を徹底解説!人事部が知っておくべきポイントとは?

【この記事はこんな方に読んで欲しい】

 ジョブ型雇用導入を検討している企業の人事部採用担当者、経営者・管理者様

 

従来の職能型雇用からジョブ型雇用への移行を検討している

ジョブ型雇用導入のメリット・デメリット、課題、成功事例などを知りたい

導入に向けた具体的な進め方や費用について知りたい

職務記述書、評価制度、給与制度、人材育成など、ジョブ型雇用導入に欠かせない要素について知りたい

法令遵守のポイントも押さえ、スムーズな導入を支援したい

ジョブ型雇用導入の必要性や重要性を理解したい

自社の事業や組織にジョブ型雇用が適しているかどうか判断したい

ジョブ型雇用導入の成功事例から学びたい

導入にあたっての課題やリスクを把握したい

従業員のモチベーションやエンゲージメントを高めたい


1. はじめに

ジョブ型雇用:これからの企業にとって必要不可欠な雇用形態?

 

近年、企業における人材の獲得と定着がますます重要になっています。少子高齢化や働き方改革の影響を受け、優秀な人材の確保が難化する一方で、人材のミスマッチや離職率の高さも課題となっています。

 

このような状況下で、注目を集めているのが「ジョブ型雇用」です。ジョブ型雇用とは、個々の職務内容(ジョブ)に基づいて雇用契約を結ぶ雇用形態であり、従来の職能型雇用とは大きく異なった考え方です。

 

◆ジョブ型雇用への関心の高まり◆

ジョブ型雇用への関心が高まっている背景には、以下のような理由が挙げられます。

 

【グローバル競争の激化とイノベーションの必要性】

グローバル競争が激化する中で、企業はより迅速に変化に対応し、イノベーションを起こすことが求められています。従来の職能型雇用では、個々の社員の能力や経験を活かすことが難しかったり、新しい職種への対応が遅れたりするといった課題がありました。ジョブ型雇用であれば、個々の職務内容を明確にすることで、必要なスキルや経験を持つ人材を効率的に採用・育成することが可能になり、イノベーションの創出にも貢献できます。

【多様な人材の活躍推進】

近年、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の重要性がますます高まっています。しかし、従来の職能型雇用では、性別や年齢、学歴などの属性によってキャリアパスが制限されていたり、能力や経験を活かせる機会が少ないといった課題がありました。ジョブ型雇用であれば、個々の職務内容に基づいて評価・昇進を行うため、性別や年齢、学歴などに関係なく、能力や経験を活かせる機会が増え、多様な人材の活躍を促進することができます。

【個人のキャリア自律へのニーズ】

働き方改革やライフシフトの進展により、個人のキャリア自律へのニーズが高まっています。従来の職能型雇用では、企業が定めたキャリアパスに従って働くことが一般的でしたが、ジョブ型雇用であれば、個々の職務内容に基づいてキャリアを築くことが可能になり、より自由にキャリアをデザインすることができます。

 

2. ジョブ型雇用とは

ジョブ型雇用とは、個々の職務内容(ジョブ)に基づいて雇用契約を結ぶ雇用形態です。

従来の職能型雇用とは異なり、採用時に必要なスキルや経験を明確に定義し、その職務遂行に適した人材を採用・評価・育成するという点が特徴です。

 

ジョブ型雇用の具体的な仕組み

▼ジョブディスクリプションの作成

職務内容、必要なスキルや経験、責任などを明確に定義した「ジョブディスクリプション」を作成します。

▼採用

ジョブディスクリプションに基づき、必要なスキルや経験を持つ人材を採用します。

▼評価

職務遂行状況に基づいて評価を行い、フィードバックを提供します。

▼育成

必要なスキルや経験を習得できるように、研修やトレーニングを実施します。

▼昇進

職務遂行状況や貢献度に基づいて、昇進を行います。

 

従来の職能型雇用との違い

従来の職能型雇用は、個々の社員の能力や経験を総合的に評価し、キャリアパスを築く雇用形態です。

入社後に様々な職種を経験することで、幅広いスキルや経験を身につけ、キャリアアップを目指すことができます。

項目 職能型雇用 ジョブ型雇用
評価 能力・経験 職務遂行状況
キャリアパス 幅広い経験 専門性の高いキャリア
採用 総合的な能力・経験 必要なスキル・経験
人材育成 幅広いスキル・経験 職務に必要なスキル

ジョブ型雇用のメリット

ジョブ型雇用のメリット

必要なスキルや経験を持つ人材を効率的に採用・育成できる

個々の社員の能力や経験を活かせる

透明性の高い評価制度を構築できる

個人のキャリア自律を促進できる

組織の機動性を高められる

ジョブ型雇用のデメリット

ジョブ型雇用のデメリット

職務内容の明確化に時間がかかる

評価制度の設計が複雑

従来の職能型雇用に慣れた社員にとっては抵抗がある

多様なキャリアパスの構築が難しい

 


ジョブ型雇用は、従来の職能型雇用とは異なる考え方であり、多くのメリットとデメリットがあります。導入を検討する際には、自社の事業内容や組織文化、人材戦略などを考慮し、メリットとデメリットを慎重に比較検討することが重要です。

3. ジョブ型雇用導入の検討

ジョブ型雇用を導入するには、以下の準備が必要です。

 ▼経営層の理解とコミットメント

▼職務内容の明確化

▼ジョブディスクリプションの作成

▼評価制度の設計

▼給与制度の見直し

▼人材育成制度の整備

▼法令遵守

 

具体的な準備のポイント

 ▼経営層は、ジョブ型雇用導入の目的を明確に理解し、コミットメントする必要があります。

▼職務内容は、具体的な行動と成果指標に基づいて明確に定義する必要があります。

▼ジョブディスクリプションは、採用、評価、給与決定などの重要な役割を担うため、客観的で分かりやすく作成する必要があります。

▼評価制度は、職務遂行状況に基づいて客観的に評価できる仕組みを設計する必要があります。

▼給与制度は、職務内容や責任、貢献度などを反映した公平な制度を見直す必要があります。

▼人材育成制度は、必要なスキルや経験を習得できるように、研修やトレーニングを実施する必要があります。

▼法令遵守については、労働基準法や労働契約法などの関連法令を遵守する必要があります。

 

導入後の運用方法

ジョブ型雇用を導入後には、以下のような運用方法が重要です。

 ▼定期的なコミュニケーション

▼フィードバックの充実

▼制度の見直し

▼具体的な運用方法のポイント

ジョブ型雇用導入の目的やメリットを社員に定期的に説明し、理解を深める必要があります。

上司は、部下に対して定期的にフィードバックを行い、個々の成長を支援する必要があります。

制度は、定期的に見直しを行い、必要に応じて改善する必要があります。

 

まとめ

ジョブ型雇用導入は、多くのメリットとデメリットがあり、導入にあたっては綿密な準備と運用方法が重要です。導入を検討する際には、自社の事業内容や組織文化、人材戦略などを考慮し、メリットとデメリットを慎重に比較検討することが重要です。

4. ジョブ型雇用導入の成功事例

導入の経緯と成果

 

【株式会社A】

▼導入年:2020年

▼導入対象:全社員

▼導入の経緯

グローバル展開を加速するために、必要なスキルや経験を持つ人材を効率的に採用・育成できる仕組みを構築する必要があった。

▼成果:

必要なスキルや経験を持つ人材の採用率が向上

個々の社員の能力や経験を活かした成果の高い仕事が増加

社員のモチベーションとエンゲージメントが向上

離職率の低下

 

【株式会社B】

▼導入年:2021年

▼導入対象:管理職

▼導入の経緯

従来の年功序列制度では、個々の能力や経験を活かした人材育成が難しく、組織の活性化を阻害していた。

▼成果

職務遂行状況に基づいた透明性の高い評価制度が構築

個々のキャリア自律を促進

新規事業への迅速な対応が可能に

 

導入にあたっての工夫点

経営層の強いリーダーシップ: 経営層がジョブ型雇用導入の目的を明確に理解し、全社的に推進することが重要です。

 

▼丁寧なコミュニケーション

導入の目的やメリットを社員に定期的に説明し、理解を深めることが重要です。

▼職務内容の明確化

職務内容を具体的な行動と成果指標に基づいて明確に定義することが重要です。

▼評価制度の設計

職務遂行状況に基づいて客観的に評価できる仕組みを設計することが重要です。

制度の見直し: 制度は、定期的に見直しを行い、必要に応じて改善することが重要です。

 

担当者のインタビュー

【株式会社C 人事部 採用担当者】

 Q1:ジョブ型雇用導入のメリットとデメリットを教えてください。

▼メリット

 必要なスキルや経験を持つ人材を効率的に採用・育成できる

個々の社員の能力や経験を活かせる

透明性の高い評価制度を構築できる

個人のキャリア自律を促進できる

組織の機動性を高められる

▼デメリット

 職務内容の明確化に時間がかかる

評価制度の設計が複雑

従来の職能型雇用に慣れた社員にとっては抵抗がある

多様なキャリアパスの構築が難しい

 

Q2:ジョブ型雇用導入を成功させるためには、どのような点が重要ですか?

▼経営層の強いリーダーシップ

▼丁寧なコミュニケーション

▼職務内容の明確化

▼評価制度の設計

▼制度の見直し

 

 Q3:ジョブ型雇用導入を検討している企業にアドバイスをお願いします。

ジョブ型雇用は、従来の職能型雇用とは異なる考え方であり、多くのメリットとデメリットがあります。導入を検討する際には、自社の事業内容や組織文化、人材戦略などを考慮し、メリットとデメリットを慎重に比較検討することが重要です。また、導入にあたっては、綿密な準備と運用方法が重要です。


【株式会社D 人事部 評価制度担当者】

Q1:ジョブ型雇用導入で、どのような成果がありましたか?

職務遂行状況に基づいた透明性の高い評価制度が構築され、個々のキャリア自律が促進されました。また、新規事業への迅速な対応が可能になりました。

 

Q2:ジョブ型雇用導入の際に、どのような課題がありましたか?

職務内容の明確化と評価制度の設計に時間がかかりました。また、従来の年功序列制度に慣れた社員にとっては抵抗がありました。

 

Q3:ジョブ型雇用導入を成功させるためには、どのような点が重要ですか?

経営層の強いリーダーシップ

丁寧なコミュニケーション

職務内容の明確化

評価制度の設計

制度の見直し

長期的な視点

5. ジョブ型雇用導入の課題

ジョブ型雇用導入は、多くのメリットをもたらす一方で、従来の職能型雇用とは大きく異なる考え方であるため、克服すべき課題も存在します。ここでは、ジョブ型雇用導入における代表的な4つの課題と、それぞれの解決策について詳しく解説します。

 

1. 職務記述書の明確化

 ジョブ型雇用において、職務記述書は個々の職務内容を明確に定義する重要な役割を果たします。しかし、職務内容を具体的に行動と成果指標で示すことは容易ではなく、作成に時間がかかるという課題があります。 

◆解決策◆

▼職務分析の実施

それぞれの職務について、具体的な業務内容、必要なスキルや経験、責任範囲などを詳細に分析します。

▼関係者へのヒアリング

実際に職務を担当している社員や上司から、業務内容や求められる成果についてヒアリングを行います。

▼ベンチマークの活用

同業他社や先進企業の職務記述書を参考に、自社の状況に合った記述書を作成します。

▼外部コンサルタントの利用

職務分析や職務記述書の作成に専門知識を持つ外部コンサルタントに依頼する。


職務記述書例:営業職(主任)

 

 ▼1. 職務名 / 営業職(主任)

 ▼2. 所属 / 営業部

 ▼3. 上司 / 営業部長

 ▼4. 担当業務

 ・新規顧客の開拓

 ・既存顧客への提案営業

 ・受注活動

 ・顧客折衝

 ・顧客対応

 ・売上管理

 ・顧客満足度向上のための施策立案・実行

 ・チームメンバーの指導・育成

 ▼5. 責任範囲

 ・担当エリアの年間売上目標の達成

 ・顧客満足度向上

 ・チームメンバーの業績目標の達成

 ・チーム全体の士気向上

 ▼6. 求める人物像

 ・コミュニケーション能力が高い

 ・プレゼンテーション能力が高い

 ・顧客折衝能力が高い

 ・課題解決能力が高い

 ・チームワークを重視できる

 ・目標達成意欲が高い

 ▼7. 必要なスキル・経験

 ・3年以上営業職の経験

 ・BtoB営業経験

 ・顧客折衝経験

 ・プレゼンテーション経験

 ・コミュニケーション能力

 ・チームワーク

 ▼8. 主な成果指標

 ・年間売上目標達成率

 ・顧客満足度

 ・新規顧客獲得数

 ・顧客単価

 ・チームメンバーの業績目標達成率

 ・上司や部下からの評価

 ▼10. 研修・育成制度 / 社内研修

 外部研修 / OJT / オンデマンド研修

 ▼11. キャリアパス

 主任 / 課長 / 部長

 

 

2. 評価制度の改革

ジョブ型雇用では、職務遂行状況に基づいて客観的に評価を行う必要があります。従来の年功序列や上司の主観に基づく評価制度とは異なり、新たな評価制度の設計と運用には多くの課題があります。

◆解決策◆

▼SMARTな目標設定

Specific(具体的)、Measurable(測定可能)、Achievable(達成可能)、Relevant(関連性がある)、Time-bound(期限がある)な目標を設定し、評価指標として活用します。

▼定期的なフィードバック

上司は、部下に対して定期的にフィードバックを行い、個々の成長を支援します。

▼360度評価の導入

上司だけでなく、同僚や部下からも評価を受けることで、より客観的な評価が可能になります。

外部評価制度の活用: 社外の評価機関による評価制度を導入することで、評価の透明性と客観性を高めることができます。

 

3. 給与制度の見直し

ジョブ型雇用では、職務内容や責任、貢献度に応じて、個々の社員に適切な給与を支払う必要があります。従来の職能型雇用における seniority-based な給与制度とは異なり、新たな給与体系の設計と運用には多くの課題があります。

◆解決策◆

▼職務給の導入

職務内容や責任、貢献度に基づいて、個々の社員に適切な給与を支払う制度を導入します。

▼パフォーマンスに基づく賞与制度

業績や目標達成度に応じて、賞与を支給する制度を導入します。

▼ストックオプションなどのインセンティブ制度

優秀な人材を引き留め、モチベーションを高めるために、ストックオプションなどのインセンティブ制度を導入します。

▼外部調査による給与レンジの設定

同業他社の給与水準などを調査し、自社の給与レンジを設定します。

 

4. 法令遵守

 ジョブ型雇用を導入する際には、労働基準法や労働契約法などの関連法令を遵守する必要があります。特に、解雇や降格に関する制度については、従来の職能型雇用とは異なるルールが適用されるため、注意が必要です。

◆解決策◆

▼法令遵守体制の整備

弁護士や社労士などの専門家を社内に配置したり、外部の法律事務所と顧問契約を締結したりして、法令遵守体制を整備します。

▼社内研修の実施

▼人事部や管理職だけでなく、現場の社員も含めて、労働基準法や労働契約法などの関連法令に関する研修を実施します。

▼外部コンサルタントの利用

法令遵守に関する専門知識を持つ外部コンサルタントに相談します。

6. ジョブ型雇用導入のステップ

ジョブ型雇用は、近年注目を集めている雇用形態です。従来の職能型雇用とは異なり、個々の職務内容に基づいて雇用契約を結ぶため、多くのメリットがあります。しかし、導入には多くの課題もあり、綿密な準備と計画が必要です。

 ここでは、ジョブ型雇用導入を成功に導くためのステップバイステップガイドを紹介します。

 

1. 導入に向けたスケジュール

ジョブ型雇用導入には、多くの時間と労力が必要です。そのため、まずは導入に向けたスケジュールを策定することが重要です。スケジュールには、以下のような内容を含める必要があります。

 

▼キックオフミーティング

経営層、人事部、各部門の代表者などが参加し、ジョブ型雇用の目的と意義を共有します。

▼現状分析

現在の職務内容、評価制度、給与制度などを分析します。

▼職務記述書の策定

各職務について、職務内容、必要なスキル・経験、責任範囲などを明確に定義した職務記述書を作成します。

▼評価制度の設計

職務遂行状況に基づいて客観的に評価できる評価制度を設計します。

▼給与制度の見直し

職務内容や責任、貢献度に応じて、個々の社員に適切な給与を支払う給与制度を設計します。

▼法令遵守対策

労働基準法や労働契約法などの関連法令を遵守するための対策を講じます。

▼研修の実施

経営層、人事部、現場社員など、すべての関係者に対して、ジョブ型雇用に関する研修を実施します。

運用開始: 職務記述書、評価制度、給与制度などを運用開始します。

フォローアップ: 定期的に運用状況をレビューし、必要に応じて制度の改善を行います。

 

2. 社内体制の整備

ジョブ型雇用を成功に導入するためには、社内体制を整備することが重要です。具体的には、以下のような体制を整備する必要があります。

 

▼ジョブ型雇用推進プロジェクトチーム

経営層、人事部、各部門の代表者などで構成されるプロジェクトチームを設置し、ジョブ型雇用導入を推進します。

▼人事部

職務記述書の策定、評価制度の設計、給与制度の見直しなど、ジョブ型雇用導入に関する専門的な業務を担当します。

▼各部門

各部門は、ジョブ型雇用導入に向けた業務改革を進める必要があります。

 

3. 職務記述書の策定

職務記述書は、ジョブ型雇用導入における最も重要な要素の一つです。職務記述書には、以下のような内容を含める必要があります。

【職務名】職務の名称を明確に定義します。

【所属】職務が属する部署を明確に定義します。

【上司】職務を担当する社員の上司を明確に定義します。

【担当業務】職務の内容を具体的に記述します。

【責任範囲】職務に係る責任範囲を明確に定義します。

【求める人物像】職務遂行に必要なスキルや経験を具体的に記述します。

 

職務記述書を作成する際には、以下の点に注意する必要があります。

【客観性】職務内容を客観的に記述し、個人の主観に基づいて記述しない。

【明確性】職務内容を具体的に記述し、曖昧な表現を避ける。

【網羅性】職務内容を漏れなく記述する。

【簡潔性】職務内容を簡潔に記述し、冗長な表現を避ける。

 

4. 評価制度の設計

ジョブ型雇用では、職務遂行状況に基づいて客観的に評価を行う必要があります。そのため、従来の年功序列や上司の主観に基づく評価制度とは異なり、新たな評価制度を設計する必要があります。

 

評価制度には、以下のような要素を含める必要があります。

 【評価項目】職務遂行状況を評価する項目を明確に定義します。

【評価方法】各評価項目をどのように評価するかを具体的に定めます。

【評価者】各社員を評価する評価者を明確に定義します。

【フィードバック】評価結果を各社員にフィードバックし、個々の成長を支援します。

 

評価制度を設計する際には、以下の点に注意する必要があります。

【客観性】評価項目を客観的に設定し、個人の主観に基づいて評価しない。

【明確性】評価方法を明確に定義し、曖昧な評価を避ける。

【公平性】すべての社員に対して公平に評価を行う。

【妥当性】評価結果が職務遂行状況を反映していることを確認する。

【有用性】評価結果が、人材育成やキャリア開発などに活用されるようにする。

 

5. 給与制度の見直し

ジョブ型雇用では、職務内容や責任、貢献度に応じて、個々の社員に適切な給与を支払う必要があります。そのため、従来の職能型雇用における seniority-based な給与制度とは異なり、新たな給与体系を設計する必要があります。

 

給与制度には、以下のような要素を含める必要があります。

【給与レンジ】各職務に対する給与レンジを明確に設定します。

【評価に基づく昇給】評価結果に基づいて、昇給を行います。

【賞与】業績や目標達成度に応じて、賞与を支給します。

【インセンティブ】優秀な人材を引き留め、モチベーションを高めるために、ストックオプションなどのインセンティブ制度を導入します。

 

給与制度を見直す際には、以下の点に注意する必要があります。

【 市場競争力】同業他社の給与水準などを調査し、自社の給与レンジを設定します。

【内部整合性】職務内容や責任、貢献度に応じて、給与に差をつけるようにします。

【透明性】給与制度を透明化し、すべての社員が理解できるようにします。

【モチベーション】給与制度が、社員のモチベーション向上につながるようにします。

 

6. 法令遵守対策

ジョブ型雇用を導入する際には、労働基準法や労働契約法などの関連法令を遵守する必要があります。特に、解雇や降格に関する制度については、従来の職能型雇用とは異なるルールが適用されるため、注意が必要です。

 

法令遵守対策には、以下のようなものがあります。

【法令遵守体制の整備】弁護士や社労士などの専門家を社内に配置したり、外部の法律事務所と顧問契約を締結したりして、法令遵守体制を整備します。

【社内研修の実施】人事部や管理職だけでなく、現場の社員も含めて、労働基準法や労働契約法などの関連法令に関する研修を実施します。

【外部コンサルタントの利用】法令遵守に関する専門知識を持つ外部コンサルタントに相談します。

 

7. 研修の実施

ジョブ型雇用を成功に導入するためには、すべての関係者に対して、ジョブ型雇用に関する研修を実施することが重要です。

 

研修には、以下のような内容を含める必要があります。

 【ジョブ型雇用の概要】ジョブ型雇用の目的、メリット、デメリットなどを説明します。

【職務記述書の作成方法】職務記述書の作成方法を説明します。

【評価制度の運用方法】評価制度の運用方法を説明します。

【給与制度の概要】給与制度の概要を説明します。

【法令遵守】ジョブ型雇用における法令遵守について説明します。

 

研修を実施する際には、以下の点に注意する必要があります。 

対象者: 経営層、人事部、現場社員など、すべての関係者を対象とします。

【研修内容】研修内容は、対象者の理解度に合わせて調整します。

【研修方法】講義、演習、ディスカッションなどを組み合わせた研修方法を採用します。

【効果測定】研修の効果を測定し、必要に応じて改善を行います。

7. ジョブ型雇用導入の費用

ジョブ型雇用は、近年注目を集めている雇用形態です。従来の職能型雇用とは異なり、個々の職務内容に基づいて雇用契約を結ぶため、多くのメリットがあります。しかし、導入には費用がかかります。

 ここでは、ジョブ型雇用導入の費用について、以下の項目に分けて詳しく解説します。

▼コンサルタント費用

▼システム導入費用

▼研修費用

▼その他の費用

 

◆コンサルタント費用◆

ジョブ型雇用導入を成功させるためには、専門知識を持つコンサルタントに相談することをおすすめします。コンサルタントは、以下のようなサポートを提供します。

 

【導入計画の策定】

ジョブ型雇用導入に向けたスケジュール、体制、予算などを策定します。

【職務分析・職務記述書の策定】

各職務について、職務内容、必要なスキル・経験、責任範囲などを明確に定義した職務記述書を作成します。

【評価制度の設計】

職務遂行状況に基づいて客観的に評価できる評価制度を設計します。

【給与制度の見直し】

職務内容や責任、貢献度に応じて、個々の社員に適切な給与を支払う給与制度を設計します。

【法令遵守対策】

労働基準法や労働契約法などの関連法令を遵守するための対策を講じます。

【研修の実施】

経営層、人事部、現場社員など、すべての関係者に対して、ジョブ型雇用に関する研修を実施します。

 

コンサルタント費用の目安は、以下の通りです。

▼中小企業: 数十万円~数百万円

▼大企業: 数百万円~数千万円

コンサルタントを選ぶ際には、経験や実績、費用などを比較検討することが重要です。

 

◆導入費用◆

ジョブ型雇用導入にあたっては、職務記述書や評価制度などを管理するシステムを導入する必要があります。システム導入費用の目安は、以下の通りです。

▼中小企業: 数十万円~数百万円

▼大企業: 数百万円~数千万円

システムを選ぶ際には、機能性、使いやすさ、費用などを比較検討することが重要です。

 

◆研修費用◆

ジョブ型雇用導入にあたっては、すべての関係者に対して、ジョブ型雇用に関する研修を実施する必要があります。研修費用の目安は、以下の通りです。

▼1人当たり: 数万円~十数万円

研修の内容や形式、講師の費用などを考慮して、予算を算出する必要があります。

 

◆その他の費用◆

上記以外にも、以下のような費用が発生する場合があります。

▼弁護士費用: 法令遵守対策として、弁護士に相談する場合の費用

▼社内報・広報資料の作成費用:

8. ジョブ型雇用導入のポイント/成功へ導く4つの鍵

ジョブ型雇用導入のポイント/成功へ導く4つの鍵

本記事では、ジョブ型雇用導入を成功に導くための4つのポイントを紹介します。

 

1. 経営層の理解とコミットメント

ジョブ型雇用導入は、経営層の強いリーダーシップとコミットメントがなければ成功しません。経営層は、ジョブ型雇用の目的、メリット、デメリットを理解し、全社的に推進していく必要があります。

具体的には、以下のようなことが重要です。

 

ジョブ型雇用のビジョンを明確にする

ジョブ型雇用導入によって、どのような組織を実現したいのかを明確にする。

経営層自らがジョブ型雇用を実践する

経営層自らがジョブ型雇用を実践することで、現場社員に示範となる。

ジョブ型雇用導入に必要なリソースを確保する

予算、人員、時間など、ジョブ型雇用導入に必要なリソースを確保する。

 

2. 労務管理体制の整備

ジョブ型雇用導入にあたっては、従来の職能型雇用とは異なる労務管理体制を整備する必要があります。具体的には、以下のような体制を整備する必要があります。

 

職務分析・職務記述書の策定

各職務について、職務内容、必要なスキル・経験、責任範囲などを明確に定義した職務記述書を作成する。

評価制度の設計

職務遂行状況に基づいて客観的に評価できる評価制度を設計する。

給与制度の見直し

職務内容や責任、貢献度に応じて、個々の社員に適切な給与を支払う給与制度を設計する。

キャリアパスの構築

個々の社員のキャリア目標に合わせたキャリアパスを構築する。

 

3. コミュニケーションの徹底

ジョブ型雇用導入にあたっては、経営層、人事部、現場社員など、すべての関係者に対して、丁寧なコミュニケーションを行うことが重要です。具体的には、以下のようなことに注意する必要があります。

 

ジョブ型雇用の目的、メリット、デメリットを丁寧に説明する

ジョブ型雇用導入の目的、メリット、デメリットをすべての関係者に丁寧に説明し、理解を得る。

現場社員の意見を積極的に聞く

現場社員の意見を積極的に聞き、制度設計や運用に反映する。

定期的に情報共有を行う

ジョブ型雇用導入の進捗状況や制度変更などを定期的に情報共有し、不安を解消する。

 

4. 長期的な視点

ジョブ型雇用導入は、短期間で成果が出るものではありません。長期的な視点を持って、着実に取り組んでいくことが重要です。

 

具体的には、以下のようなことに注意する必要があります。

制度の見直しを定期的に行う

定期的に制度を見直し、必要に応じて改善を行う。

人材育成に投資する

ジョブ型雇用に対応できる人材を育成するために、研修やトレーニングを実施する。

コミュニケーションを継続する

すべての関係者とのコミュニケーションを継続し、ジョブ型雇用に対する理解を深めていく。

9. まとめ

ジョブ型雇用導入は、多くのメリットをもたらす一方で、従来の職能型雇用とは大きく異なる考え方であるため、克服すべき課題も存在します。これらの課題を克服し、ジョブ型雇用導入を成功させるためには、経営層の強いリーダーシップ、丁寧なコミュニケーション、専門知識を持つ人材の確保などが重要です。

 

ジョブ型雇用導入を検討している企業は、これらの課題を十分に理解した上で、自社に合った導入方法を模索していくことが重要です。

 

ジョブ型雇用は、日本の雇用システムにとって大きな変革となる可能性を秘めています。今後は、ますます多くの企業がジョブ型雇用を導入していくことが予想されます。



この記事を書いた人【松村裕樹】

|  HOME  |  ATS機能説明  |  ご利用料金  |

|  コラム  |  会社概要  |  説明会予約  |

|  よくある質問  |  選ばれる理由  |  導入の流れ  |


クラウド採用管理DX【ATS求人助手くん】公式LINEアカウント

求人原稿を無料で添削

【その他おすすめ記事】

この記事を読んだ方は下記もよく読まれています
学生目線で考えた効果的な囲い込み施策とは?新卒採用で優秀な人材を確保するためには奨学金制度を使う

新卒採用で優秀な人材を確保するためには奨学金制度を作る

企業が学生囲い込みのために独自に設立する奨学金制度について、その重要性、有効性、そして具体的な制度例をご紹介します。優秀な人材獲得に苦戦している企業にとって、新たな切り札となる可能性を秘めた奨学金制度。

記事を読む

インディードで求人情報をたくさん見てもらうために絶対必要なこと

インディードで求人情報をたくさん見てもらうために絶対必要なこと

この記事を読んでくれている皆様は、求人への応募者が少なくて困っている方が多いのではないでしょうか?ここでは自分の会社の求人に興味を持ってもらって、たくさんの応募を集めるコツを教えちゃいます。

記事を読む

有名企業・大企業限定!90%以上の確率で採用コスト・経費を削減できる方法とは?

有名企業!90%以上の確率で採用コストを削減できる方法とは?

有名大企業が自社採用サイトからの応募を増やすことで、人材紹介や採用エージェント、有料求人媒体に依存することなく、採用コストを削減させる方法を説明いたします。

記事を読む

競合がほとんどいない採用手法。採用リスティング広告を活用して採用コストを半分以下にする

採用リスティング広告を活用して採用コストを半分以下にする

今回は、競合がまだほとんどやっていないすごい求人広告方法をご紹介します。普段からインターネットでGoogleやYahooなどの検索エンジンを使っている方はたくさんいると思います。

記事を読む

リファラル採用を自社で導入するための具体的なステップ

リファラル採用を自社で導入するための具体的なステップ

リファラル採用とは、既存の従業員が新たな候補者を推薦する形式の採用を指します。この方法は、信頼性の高い候補者を見つけるための効果的な手段とされています。

記事を読む


新卒採用【紙ナプキン求人広告】

紙ナプキン求人広告

お電話でもお気軽にお問合せください

株式会社バロックワークス

TEL 075-257-7746